ジュエリー・リモデル・カウンセラーについて

ジュエリーに携わる者として、いくつかのジュエリーの資格があります。

私が持っているジュエリー・リモデル・カウンセラーについて、時々聞かれることがありますので、お伝えしようと思います。

 

一般社団法人 日本リ・ジュエリー協議会が認定する資格で、接客から素材・宝石の知識、材料の調達、デザイン、加工などジュエリーに関する幅広い知識と経験が必要で、特に「経験度」を重視しているところに特徴があると思います。

私が持っている1級は実務経験が3年以上、もしくは作品の決められた点数以上が必要です。

J

日本では、「リフォーム」という言葉がよく使われますが、ジュエリーの本場のヨーロッパでは、「リモデル」と言われるそうです。

ジュエリー・リモデル・カウンセラーは、ただ、ジュエリーを作り変えるのではなく、作り変えた方がよいのか、そのままの形で残した方がよいのか、修理をしたほうがよいのか、もしくは買取をしたほうがよいのかを、お客様とそのジュエリー・宝石のお話を伺いながら、お客様とジュエリーを笑顔にするために、ベストなご提案ができる人のことです。

 

お客様の中には、ただ「古い昔のジュエリー」とお思いになっていて、お売りになろうとご来店される方もおられますが、私たちジュエリーのプロからみて、大変良いお品物であることがございます。

宝石の品質やデザインの良さ、職人の技術力の高さをお伝えすると、「そんな良いものだと知らなかったわ!」と、またお着けになろうとお持ち帰りになることも・・^^。

必要がないと思っていたものが、また新たなお客様とそのジュエリーのストーリーが生まれるのです。

そんな場面を見ると、この仕事をしてきてよかったな。。としみじみ感じます。

 

もちろん、何も聞かず買取やリフォームをさせていただければお店の利益にはなりますが、お客様とそのジュエリーにとって一番幸せな選択でなければ、例えリフォームをしていただいても私自身も結局は幸せにはならないと信じて、この仕事を10年近く続けて参りました。

 

ですから、このアプレミディを設立したときも、まずは「ご相談がゆっくりできる」ことを最優先にしました。

 

「断捨離」も良いことだと思いますが、ジュエリーには引き継がれていく価値があるものや、素敵に身に着けるとご自身も周囲の人も輝かせる力があると思っています。

私自身、ジュエリーを着けることを意識しだしてから、自分自身も変わってきたなと感じることがあります。

 

ジュエリーボックスの眠っている指輪やネックレスなどをご覧になって、どうしようか誰かに聞いてみよかな・・とお思いになったとき、アプレミディを思い出していただければと思います。

「相談したら、何かしなければならない・・」とは思われず、お気軽にお問合せいただければ嬉しいです^^。

 

新しいお客様とジュエリーとの出会いを楽しみにお待ちしております♪

 

神戸北野サロンへのご来店が難しければ、兵庫、大阪、京都へもご相談の出張もいたします。

 

アプレミディのサービスについてはこちら≥

アプレミディのホームページ・トップはこちら≥

 

2015年2月20日 | カテゴリー : リフォーム | 投稿者 : アプレミディ