引き継がれたジュエリー・アクセサリー(ご遺品の整理)

 

こんばんは♪

今日の神戸は冷えました~。

 

今回は、亡くなった叔母様のご遺品の整理をさせていただいたお話です。

60代の女性のお客様が、亡くなった叔母様のご遺品についてご相談にいらっしゃいました。

その叔母様は、おしゃれがお好きで宝石やアクセサリーをたくさんお持ちだったそうで、お形見分けでお客様の手元にいくつかやってきたそうです。

 

金色や銀色をしているけど本物の金かプラチナかわからない、真珠のネックレスやブローチもどういったものかよくわからない、どんな宝石かわからない・・、お形見分けやご遺品の整理をされた方のお悩みのひとつではないかと思います。

 

今回のお客様も「どういったものかわからない・・」と何点かお持ちになりました。

リフォームでデザインを変えたら素敵に使っていただけるもの、ご必要ないもので貴金属だったら現金での買取できるもの、修理で使えるようになるもの、金やプラチナではなくアクセサリー素材でできているものなどを、お客様のお話をお伺いしながら、ひとつひとつ仕分けをしていきました。

 

その中のひとつ、糸が切れたアクセサリー素材のパール・ロングネックレスはお客様もこういった色味のネックレスはお持ちではないということで、ネックレスの糸替えの修理とパーツの取り換えで使っていただくことになりました。

パールネックレス

糸を新しく替えて、薔薇のゴールドのクラスプをつけて

パールネックレス修理後①

パーツを変えるだけで、今っぽいネックレスになりました。

パールのネックレスの修理②

引き継がれてたものが、こうやって新しくなってまた次の世代に使ってもらえるお手伝いができるのは、本当に嬉しくなります^^。

 

パールの糸替えの時期はご使用頻度にもよりますが、大体2~3年に一度はしてくださいお伝えしています。

 

またお使いになった後は、きれいな布で拭いてしまってくださいね。

汗の酸でパールの表面が傷むのを防ぐことができます。

真珠はダイヤモンドのように鉱物ではなく、貝がつくった有機物の宝石なので、そういったメンテナンスで美しさの持ちが違ってきます。

 

 

引き継がれたジュエリーやアクセサリーについて、どういったものか、どうしたらよいか、というお悩みがあれば、お気軽にアプレミディまでご連絡ください。

 

ご相談やお見積りは無料です。

神戸北野サロンへのご来店、もしくは大阪、京都、兵庫にお住まいのお客様のご自宅やお近くのカフェなどへも出張でお伺いします。

お気軽にお問合せくださいませ。

 

アプレミディの修理についてはこちら≥

アプレミディのホームページ・トップはこちら≥

 

 

 

 

 

2015年3月5日 | カテゴリー : 修理 Repair | 投稿者 : アプレミディ